墓じまいの手順と費用

注目の墓じまいと時代背景

現代の日本社会で、なぜ墓じまいが注目されているのでしょうか。かつての日本では、先祖のお墓はその土地に住んでいる子や孫が守ってきました。しかし現代では子や孫が都市部へと引っ越してしまい、田舎には簡単に帰ってくることができないケースも増えています。また両親がなくなって実家を整理すると同時に墓の整理も行ったり、自分の死後は墓守をする後継者がいないというケースもあります。このような背景の中注目される墓じまいですが、墓じまいをするにはどのような手順で進めていけばよいのでしょうか。先祖代々のお墓で多くの親せきがいる場合や、長年お世話になってきたお寺さんとの関係など、思いがけないトラブルを避けるためにも事前に準備が必要です。

墓じまいと改葬について

墓じまいには2種類のパターンがあります。まず、これまでのお墓の中にある遺骨を、墓参りなどがしやすいように近くの新しいお墓に移すことを改葬と言います。改葬をするには市区町村役場から改葬許可をもらわなければなりませんが、そのためには、今の墓地管理者から埋葬許可証、新しいお墓の墓地管理者から受け入れ許可証をもらう必要があります。この2つが持って市区町村役場に行けば改葬許可証をもらうことができ、改葬許可証を持って石材屋に行くことで工事が進み始めます。一方、自分が死んだ後の後継者はおらず、墓じまいの後新しいお墓を作らない人は改葬許可証は必要ありません。遺骨を散骨して、毎年命日に散骨した場所で黙とうするなどして供養をしている人もいます。