墓じまいをする時に気をつけること

近年増加している墓じまい

墓じまいという言葉が広く知られるようになってきました。墓じまいとは、先祖代々のお墓を処分すること。中の遺骨を取り出し、墓石は解体撤去し、更地に返します。墓じまいで最も大切なのは取り出した遺骨をどうするかですが、最も多いのは永代供養墓や納骨堂への移設で、ついで散骨や樹木葬になります。手元に残して供養するという人もいます。
この墓じまいを行う人は、年々増えてきています。高齢になってお墓の維持管理が大変になってきたけれど後を継ぐ子どもがいない、あるいは子どもはいるけれど維持管理の負担をかけたくないというのが、その主な理由でしょう。
しかし、墓じまいが増えるにつれ、しばしばトラブルも起こっています。どのようなトラブルが多いのか、墓じまいを検討している人は知っておきましょう。

こんなケースに気をつけて墓じまいで起こるトラブル

もっとも多いのは親族間のトラブルです。親戚に説明せずにお墓を処分してしまい、あとで知られて揉めたといったケースです。先祖代々続くお墓に特別な思入れを持っている人がいることもありますし、中にはお墓というのは理屈ぬきに神聖なもので処分すべきではないと考える人もいるでしょう。説得は骨が折れますが、誠実に説明して、きちんと了解を得るようにしましょう。 また、寺院が管理する墓地にお墓がある場合、稀に高額な離檀料を請求されることがあります。冷静に誠実に話をしてみて埒が明かない場合は、弁護士や行政書士に相談するのもひとつの方法です。 なお、墓じまいをしたもの、後になって悔やんでいる人は意外といます。撤去したお墓は元のようにはもどりませんし、遺骨も合祀したり散骨していれば、まず取り戻せません。 お墓は大切な故人が眠る、心のよりどころでもあります。墓じまいを実行する前には、今一度良く考えることをおすすめします。