墓じまいは時代の流れ

墓じまいって何をすること?

墓じまいという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。これは簡単に言うと、お墓を処分して撤去してしまうこと。撤去後の土地は更地にもどしてお寺や霊園の管理者にお返しします。お墓に納められていたお遺骨は公営の合祀墓などに移すのが一般的ですが、散骨や手元供養を行うこともあります。
これまでは、お墓は代々受け継いでいき、祭祀継承者を中心として管理や供養を行うのが当たり前でした。しかし近年は、受け継ぐ子どもがいなかったり、子どもはいても遠方に暮らしていてまめに管理することができなかったりと、これまでの方法が通じなくなりつつあります。また子どもに墓守の負担をかけたくないと考える人も増えています。
このような背景から、ここ数年、墓じまいを行う件数は微増傾向にあり、墓じまいという言葉が広く知られてるようになってきました。

墓じまいはどんな流れで行うの?

墓じまいは、まず遺骨の移動先を決め、埋葬証明書などの必要書類を揃えて改装許可申請を行うなどの行政手続きを取り、閉眼供養を行ってから墓石の解体撤去を行うのが一連の流れとなります。自分たちですべてを行うのが困難な場合は、代行業者に依頼することも検討するといいでしょう。なお、墓石の解体撤去は、霊園や寺院によっては指定の石材店しか出入りできない場合もありますので、業者に依頼する前に確認しておきましょう。行政手続きのみお任せしたい場合は、行政書士や弁護士に依頼することもできます。
なお、親族に充分な説明をせずに墓じまいを行ったために、親族とトラブルになるケースが散見されます。自分ひとりで勝手に決めてしまわずに、親族にしっかり説明し、充分に了解を得てから話を進めるようにしましょう。