墓じまいをすると供養はどうなる?

墓じまい、お骨の移動先はどこがいい?

最近は、高齢でお墓の管理やお参りが大きな負担になっていたり、墓守を継ぐ子どもがいなかったりといった理由から、墓じまいを行う人が増えています。
墓じまいするにはさまざまな行政手続きや作業が必要となります。その中で、まず最初に決めなければいけないのは、「お骨をどうするか」ということです。
今あるお墓を解体撤去するのですから、中に納めているお骨はどこかに移動しなければいけません。移動先には複数の選択肢がありますが、墓じまいした後の供養にも関わってくることですので、それぞれの内容をしっかりと知ってどうするかを決めなければいけません。
それでは、お骨の移動先にはどういったものがあり、それぞれ供養はどうなっているのかを見ていきましょう。

それぞれの供養の形と特徴

お骨を移す先で最も多いのが、永代供養墓です。これはお寺や霊園が永代に渡って供養してくれるもので、合祀の場合がほとんど。個人墓もありますが、多くはありません。納骨堂に一定期間預け、その後合祀墓に移すケースもあります。供養はしっかり行ってもらえます。
最近増えてきた供養形式としては、散骨があります。これはお遺骨をくだいて海や山に巻き、自然に返す方法です。ただし、他人の土地には撒けませんし、条例で散骨が禁止されている場所もあります。好きなところに散骨できるわけではありませんので注意しましょう。なお、お骨すべてを撒いてしまうと後々の供養もできず、手を合わせる先もなくなりますので、その点は充分納得の上で行いましょう。
遺骨を手元に残して供養するという、比較的新しい形もあります。散骨を行ったうえで一部を手元供養用に残す場合も。お骨は骨壺で保管する他、ペンダントやブレスレット等に加工するサービスもあります。