なぜ墓じまいをするのか?

増加している「墓じまい」とは

「墓じまい」という言葉をご存じでしょうか。一族に伝わる先祖代々の墓を整理する行為で、墓を更地に戻して墓地を管理する寺や運営会社に返還します。遺骨は永代供養を依頼できる別の施設(墓地)に移すのが通例です。こうした墓じまいを決断する要因は複数考えられていて、よくある理由のひとつが「後継者がいないから」です。結婚しない人、結婚しても子どもがいない夫婦が増加傾向にあるため、墓の管理を引き継ぐ人がおらず墓の整理が検討されます。また「墓地が遠いから」という理由もよくあります。親世代と子ども世代が離れた場所で暮らすことはめずらしくなく、親が亡くなると遠方まで墓参りをすることが大変になります。墓を放置するわけにはいかないため、近い場所に移設するのです。

墓じまいの手順について

墓じまいの検討を始めたら、遺骨を移す場所から考えましょう。遺骨を移すには行政上の手続きが必要で、受入証明書や改葬許可証などを発行してもらわなければいけません。移設先が決まらないと書類の発行ができません。そのあと、墓地を管理している寺や運営会社に墓を整理する意思を伝えます。遺骨の取り出しや墓石の撤去は石材会社に依頼します。取り出した遺骨は新しい墓地へ移して墓じまいが完了です。手続きが複雑に感じられるかもしれませんが、一連の手続きをサポートしてくれる企業があります。この場合、書類発行の手続きや石材会社への依頼はサポート企業が代行してくれるのが一般的です。移設前の墓を管理している寺などへの連絡は自分で行うのが通例です。